徳川家康が林道春に銘じて作らせた紀行書「丙辰紀行 元和二年」が弊社に有ります。その中で現在の静岡、清水辺りのページをめくると次のように書いています。
由比宿と興津宿の間にある現在の、さった峠を「薩埵山」と記しています。興津は現在と同じで清見潟は「清見か関」になっています。現在の清水清見潟公園のあたりでしょうか。

三保と久能山は現在と同じで、現在の久能山東照宮は「久能宮」となっています。
家康が林道春に命じて作らせた「駿河文庫」の後は現在の清水区狐ヶ崎「狐崎」そして 静岡市葵区の「臨済寺・建穂寺 たきょうじ」そして「浅間 あさま」は現在の浅間通りのあたりと思います。「志豆機山 しずきやま」は、現在の賎機。次に「八幡」がありがあります。

 

草薙を「久佐奈岐」と記してなぜか順番が八幡の後にあり、「宇都山」宇津ノ谷、大井川と続いています。1616年の古典籍からの抜粋です。

 

 

便利で安心な無料出張

鑑定買取りには便利で安心な無料出張をご利用ください。

  • 出張鑑定
  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 宅配鑑定
  • 来店鑑定
お問い合わせはこちらから
ページトップへ