禅宗

辞書を開くと禅とは、

仏教用語で 精神を集中して無我の境地に入ること
又は、仏教で、雑念を払い、心を集中して悟りの境地を得ること。
と、有ります。

禅宗とは
座禅を中心に、禅の教えを説いてる宗派を禅宗と言います。
我が国の禅宗は、臨済宗・曹洞宗・黄檗宗の三つになります。

黄檗宗は、言うまでもなく明国の渡来僧、隠元隆琦が本格的に広めました。

臨済宗は江戸中期の僧、白隠による再建により出来上がりました。

臨済宗には次の15の宗派が有ります。
建仁寺派
東福寺派
建長寺派
円覚寺派
南禅寺派
国泰寺派
大徳寺派
向嶽寺派
妙心寺派
天龍寺派
永源寺派
方広寺派
相国寺派
佛通寺派
興聖寺派

曹洞宗は、福井県の永平寺町永平寺の大本山 永平寺で宗祖は道元

『駿河の国には過ぎたる物が二つあり』
言わずと知れた白隠禅師。

臨済宗は、中国(宋時代)に留学した栄西が、鎌倉時代に我が国に伝え広めた。
その後、一時衰えたが江戸中期、白隠により再興されました。

img502d888d049b9

お問い合わせはこちらから
ページトップへ