祇園と共に・・

吉井勇

img5034676a3c9ff

吉井勇と言えば、誰もが知る大正昭和の歌人です。
祇園と共に生き、祇園にちなんだ歌をたくさん詠んでいます。

吉井は、明治四十年頃、「パンの会」結成しました。
太田正雄(木下杢太郎)、石井柏亭、北原白秋、高村光太郎、等が主になり
メンバーは、若い文学や美術、芸術家が主な、サークルでした。
現在の日本橋大伝馬町辺りにあった洋風料理店「三州屋」を、その拠点にしてい
ました。

img5034645200faf

勇の書は細い線でどこか女性的で与謝野晶子の書体にも似てるようにも私には
思えます。
流れるような、さらさらっと、まさに芸術的ですね。
明治43年に、第一歌集の耽美的な『酒ほがひ』を発表。
明治42年、森鴎外創刊のスバルには石川啄木らと脚本や編集をしています。

大正4年に『祇園歌集』を発表。
竹久夢二の鮮やかな木版装丁になっています。
又、夢二と勇の歌の画賛の肉筆作品も残しております。

img503462ffdfbeb

勇は、大正10年に柳原白蓮の姪にあたる柳原徳子と結婚しました。
しかし、昭和8年、新聞紙上を大きく賑わした、あの「不良華族事件」が、原因で徳子と離婚。
昭和12年、浅草の料亭『都』の看板美人国松孝子と再婚しています。
昭和22年には谷崎潤一郎、川田順などと昭和天皇に会見しています。

img50346462496ec

静岡県東部での書画のオークション会場で、吉井勇の書画と歌集の4点を落札できました。

お問い合わせはこちらから
ページトップへ