三島由紀夫

『三島由紀夫』 と、web検索すると色々な肩書が出て来ました。

小説家
劇作家
評論家
政治活動家
右翼活動家
民族主義者

本名は、平岡 公威(ひらおか きみたけ)

大正14 - 昭和45年

昭和45年11月25日 – 陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地バルコニーで・・・

img504eb933d7d70

10分ほどの三島の演説。
バルコニー前庭に集合させた自衛官らに、
「諸君は武士だろう、武士ならば、自分を否定する憲法(憲法9条)をどうして守るんだ」

しかし、集まった自衛官達は、「ばかやろう」「ふざけるな」等とヤジを飛ばし、反発していました。
この後、三島は割腹自決。

衝撃的なこの事件、当時学生の私はテレビに釘付けでした。
40年過ぎた今でも鮮明に覚えております。

時に、三島由紀夫45歳

img504ee591d933c

ノーベル文学賞の候補として高く評価されて
いた三島由紀夫。

宝石売買
盗賊
仮面の告白
岬にての物語
花ざかりの森
魔群の通過
潮騒
夜の仕度

ラディゲの死
ハムレット
狩と獲物
眞夏の死
燈台
夜の仕度
愛の渇き
金閣寺
サド侯爵夫人
黒蜥蜴

三島由紀夫に関する、書簡(手紙) 色紙 草稿(原稿) 初版本、限定本
ポスター ・・ 求めて居ります。

お問い合わせお待ちして居ります。
 にし古典館
0120-603-347
メール info@nisikosyo.com

お問い合わせはこちらから
ページトップへ