平野富山 木彫

浜松市にお住いの方が所有する伊豆の伊東市にある別荘へお伺いし、平野富山の作品と海野光弘の版画2枚を、お譲り頂きました。


聖徳太子孝養之像

像の高   47センチ
巾         15,5㎝
極彩色 共箱付き

彩色木彫の第一人者であり現代彫刻界の代表格でもある平野富山の作品です。
本作品は昭和47年の作品で底面には富山の本名「敬吉謹作」と彫銘が有ります。
色鮮やかで深い奥行きを感じさせる素晴らしい彩色芸術です。

35×28㎝の黒漆塗りの台の中央に、18×15センチの極彩色の台がはめ込まれています。

富山の生まれ育ったところは静岡市清水区江尻で、弊社より車で10分ほどの所です。
またJR清水駅の裏手(港側)にある清水文化会館マリナートに常設展示場もあり何時でも観賞できます。ぜひ一度、足をお運び観賞頂けたらその素晴らしさを実感して頂けると思います。

清水区の大勢の人がお世話になる清水総合病院の正面受付の大ホールには富山作の「母子順風」像が有ります。吹き抜けホールの二階に届きそうなくらい大きいです。こちらはブロンズ像になっています。今にも大空に飛び出しそうな雰囲気で圧倒されます。

査定

著名な彫刻家の作品の場合、近年の作品でも箱書きなど揃っていれば高額査定が期待できると思います。
また、相当な時代を経た仏像や彫刻なども作品の出来、由来、いつの時代かにもよりますが高額査定が期待できる作品が多いです。
売却予定の彫刻や木彫、仏像など有りましたら是非とも、お問い合わせください。
その際、大まかな大きさや制作者、箱など付属品などなど分かる範囲でお知らせ下さい。

箱や付属品

箱は、単に作品を収納するだけでなく、作品名や作家名などが書いてあり査定に大きく寄与します。
たとえ箱が壊れていても捨てずに一緒に保管をお願い致します。

富山と同じ清水区の、にし古典館では過去多数の富山の作品をお譲り頂きました。また地元でもあるため、富山の蒐集家も多数います。平野富山に関することなら何なりとご相談下さい。



お問い合わせはこちらから
ページトップへ