ブログ

山本玄峰 掛軸

三島市龍沢寺の山本玄峰の画賛と(堂本印象 木戸松菊)の3本の掛軸を沼津市下香貫の方にお譲り頂きました。龍沢寺は、当館と同じ静岡県の東部地区にあります。
龍沢寺へは、JR東海道線の三島駅から車で20分ほどで車の場合、伊豆縦貫自動車道の島玉沢インターチェンジより車で10分程の所にあります。
三島といえば柿田川湧水や三嶋大社も。

龍沢寺は、臨済宗妙心寺派の寺で、実質的な開山は、江戸中期の禅僧で臨済宗中興の祖と称される白隠の高弟東嶺円慈によって創建されたということです。
玄峰老師の後は、弟子の中川宋淵、鈴木宗忠、中川球童、後藤榮山が住職を務めています。

杉林に囲まれた静かなところにあり、禅宗の道場としても有名です。
秋の紅葉の時期や春先のツツジの時期の庭園はと美しく観光客も多いです。興味のある方は一度、訪れててみては。
また、毎年11月23日は観楓祭が行われ、1年に1度の一般公開の日で、掛軸などの所蔵品の虫干をするそうです。

 

次ページへ »

お問い合わせはこちらから
ページトップへ