ブログ

浜松

徳川家康が江戸幕府を開いて間もない江戸初期の元和二年に林羅山が記した「丙辰紀行」が弊社に有ります。浅草、神田から始まって草津、勢田 、比叡山、大津で最後になっています。

現在、浜松地区ではほとんど使われていない地名が有ります。

【潮見坂】
現在の浜松の西隣の湖西市の辺りは潮見坂となっています。

今切 イマギレ
記録によると淡水の湖だった浜松の浜名湖は室町時代の終わりころ明応地震という大地震が起き砂洲が決壊し、遠州灘と繋がりました。その砂洲の辺りが今切でした。

西坂 ニッサカ
今の静岡県掛川市日坂で小夜の中山に近いところで江戸中期ごろまでは入坂 西坂 新坂でした。

次ページへ »

お問い合わせはこちらから
ページトップへ